栄養士の転職

栄養士をやめたいと思ったら…まずは転職の情報収集をするべし!

栄養士をやめたいと思ったら…まずは転職の情報収集をするべし!
kaeru
kaeru
どうも!転職でどんどん給料アップさせてきた管理栄養士 kaeruです

この記事ではそんな転職で給料アップさせてきたkaeruが、どうやって転職情報を集めていたかをご紹介します!

転職情報ってハローワークとネット検索ぐらいでしょ?

いえいえ、そんなことありませんよ!

しかも本当に良い転職情報ってぶっちゃけハローワーク以外のところで見つけることが多いんです。

この記事では、実際にkaeruが転職の求人情報をどのようにして集めていたかをすべてご紹介しています。

この記事を最後まで読むと、こんなことがわかります。

  • まず転職準備は何からやったらいいか
  • ネット検索で使える求人を探すためのキーワード
  • 病院の管理栄養士求人の探し方
  • 公務員系の栄養士求人の探し方
転職活動って何からやったらいいかわからない!

という方は、ぜひこの記事でご紹介している内容を順番に実践して、転職の情報集めをしてみてくださいね!

この記事の内容を簡単にチェック!
  1. 転職求人検索サイトに登録する
    リクナビNEXT
    とらばーゆ
    栄養士のお仕事
  2. 派遣会社に登録をする
    リクナビ派遣
    テンプスタッフ
  3. 転職エージェントに登録する
    きらぽんJOB
    doda
  4. Googleの検索を上手に使う
    ・病院の管理栄養士求人の探し方
    ・公務員系の栄養士求人の探し方
  5. 母校の新卒向け求人情報もチェックする

転職求人検索サイトに登録する

「やめたい」と思ったら、まずは転職サイトへの登録から始めましょう。
転職ってほんとうにタイミングなので、「今だ!」というタイミングを逃すとズルズルと転職できずにいます。

あんたの職場にもいませんか?「やめたい」と言いながら何年も仕事を続けている人。

自分のスキルアップやキャリアアップのために、今の職場じゃなく転職が必要なこともあります。特に女性にとっては、20~30代は結婚・妊娠・出産などの大きなライフイベントが起きるので、1年だって無駄にできません。

そう考えると「やめたい」と思った時から情報収集だけでも始めていないと、後々になって後悔してしまうこともあります。

最近クリニック、保育園、高齢者施設などは転職サイトに掲載されていることがあり、今は転職サイトの求人は委託給食ばかりじゃないんです!

また栄養士に特化した転職サイトも登場しました。

まずは今回紹介する3つの転職サイトには登録して、いつでも求人情報を得られるようにしておきましょうね!

まず登録したい転職求人サイト3選

あと最近歯医者さんや調剤薬局の求人が増えています!

kaeru
kaeru
調剤薬局でもし良い求人があったら転職しちゃおうかな~?とも考えているので、転職求人サイトは今でも利用してチェックしていますよ~

今後診療報酬の改定で、調剤薬局の管理栄養士でも医師の指示で栄養指導ができるようになってきたら、調剤薬局での管理栄養士の求人が一気に増えそうです。

kaeru
kaeru
最近の改定でオンラインでの栄養指導が加算とれるようになってきていますし、今後の動向としてありえない話じゃなくなってきている気がします。そのためにも求人情報はチェックしておきたいですね!
リクナビNEXT
転職サイトのど定番!とりあえず登録するなら絶対にココです。
おすすめ度
おすすめポイント 自己分析に使えるグッドポイント診断がおすすめ!

無料登録する

とらばーゆ
リクルートが運営する女性に特化した転職サイト。栄養士求人もある!
項目名
おすすめポイント 自己PR を簡単につくれる診断あり

無料登録する

栄養士のお仕事
非公開求人のある栄養士転職サイト。
おすすめ度
おすすめポイント 栄養士の非公開求人あり

公式サイト

派遣会社に登録をする

派遣会社は正社員登用が狙えるのと、困った時には派遣会社が間に入ってくれるので、今まで職場で嫌な思いをしていたり、転職が不安な人でも安心です。

kaeru
kaeru
友人Aが前職で雇用契約のことでゴタゴタがあって、退職した後に派遣で働き始めて正社員になりました

過去に雇用契約や就業ルールなどで嫌な思いをしたことがある方にとっては、味方になってくれる派遣会社が間に入ってくれているのは安心ですよね。

友人A
友人A
派遣で実際に働いてみて、周りの人もサポートしてくれるいい会社だったから、派遣から正社員に切り替えたの!

と、友人Aは話していました。こういう転職の仕方もありですよね!

派遣の仕事では、栄養士の仕事もたくさんではないですがポツポツありますし、「仕事を勢いでやめたけど、早く仕事をしないと困る…」という時の一時しのぎとしても利用できます。

いざという時のためにも、転職を考え始めたら早めに登録しておくのがベターです!

オススメの派遣会社
リクナビ派遣
就活転職の定番のリクルートが運営する派遣会社
おすすめ度
おすすめポイント 安定のリクルートの派遣会社で安心

派遣に登録する

テンプスタッフ
女性に人気の派遣会社です
おすすめ度
おすすめポイント 女性に人気の派遣会社

詳細ページ

転職支援サービスに登録する ※必須じゃないです

栄養士の転職であれば、ぶっちゃけ転職エージェントは必須じゃないです…正直言うとね。
でも社会勉強的に1箇所はお試し登録してみるとお給料の面とか比較できるかな、と。

kaeru
kaeru
私もdodaだけですが、お試しで登録してました

転職するなら「実際栄養士で働かない場合は、どうなの?」っていうのを知っておく必要があると私は思っていて。

それを知った上で、これから結婚とかを踏まえて働き方を考えた時に、今後どうするかを考え直すこともあると思うんですよね。特に女性はね。

もし栄養士以外の仕事に転職するなら使ったほうがいいと思います!

あと今回の記事を書くためにいろいろ調べたら、栄養士求人を紹介している転職支援サービスもありましたよ!

まずお試しで登録したい転職支援サービス
  • doda お試し登録なら定番の無料転職支援サービスで!
  • きらぽんJOB 栄養士求人ありの保育に特化した転職支援サービス
ランキング1位
有名転職サイトdodeでは転職支援サービスが無料で受けられます。
おすすめ度
転職支援サービス 無料

無料登録する

ランキング2位

保育の仕事に特化していて、栄養士求人もあります!お祝い金キャンペーンも実施中です。

 

おすすめ度
お祝い金 あり
転職支援サービス 無料

無料登録する

Googleの検索を上手に使う

上手な求人検索方法

検索ワードを制するものが、より良い求人を見つけることができます。

実際に私が使ったことがあるおすすめ検索キーワードがコチラ!

管理栄養士 職員 採用
栄養士 区 募集
栄養職員 募集
栄養課 採用
栄養科 募集
栄養教諭 産休代替
管理栄養士 産休代替
栄養指導 募集
栄養 職員 求人
産婦人科 栄養士 募集
病院 栄養指導 募集
クリニック 栄養士 採用
管理栄養士 〇〇病院
学校栄養士 募集
学校栄養職員 採用
栄養士 非常勤 募集

とにかく「募集」「採用」「職員」「求人」をうまく使うことと、栄養士や管理栄養士以外にも「栄養指導」「特定健診」「給食管理」などの業務で検索かけるのが良いです。
正社員以外でもよければ「非常勤」「嘱託」「産休代替」というキーワードも掘り出し求人がでてくるので、おすすめです。

kaeru
kaeru
Google以外でもTwitterなどで検索かけても求人が見つけられることがありますよ!

病院の栄養士・管理栄養士求人の探しかた

病院に転職するなら、自分が住んでいる、または、これから引っ越せる範囲の病院のホームページをこまめにチェックするのが一番です。

ハローワークなどに求人を掲載する場合もありますが、一番お金のかからない求人の出し方って、自社のホームページです。

ホームページだけで人が集ればすぐ募集を締め切ってしまうこともあります。大抵定員は1名ぐらいですしね。

kaeru
kaeru
私は自分の住んでいる家から1時間以内で通える病院をブックマークして、1週間に1度求人ページをチェックしていました!

その結果、3~4つぐらい病院の求人に応募することができ、最終的には希望の病院に転職することができました。

公務員系の栄養士・管理栄養士求人の探しかた

kaeru
kaeru
公務員系の求人もおまかせください!笑
実は保健センターの非常勤栄養士や役所の栄養士の内定をいただいたことがあります!

探し方の基本は病院と一緒で、自分の行きたい区市町村のホームページを定期的にチェックすることです。

そして、もっとカンタンに情報を得ることができるのが「こむいん」という公務員の求人情報が集まるサイトの活用です。

栄養士や栄養教諭、栄養職員、学校栄養士、管理栄養士などいろんなキーワードで検索してみるとヒットしてきます。

kaeru
kaeru
あと…本当に本当に教えたくないですが、「都庁i」というサイトが公務員系ならおすすめです。(これは本当広めないで…あえてリンクしないので、自分で検索して辿り着いてください…求人は「告知板」ってとこで見れます)
都内の非常勤職員や産休代替などの求人がチェックできるので、正社員にこだわらないならすごいおすすめです。(やっぱり東京23区はそこそこお給料がいいのですよ)

母校の新卒向け求人情報もチェックする

実は案外新卒向け求人でも、こちらから連絡すると経験者枠で採用試験に参加させていただけることがあります。
私は過去に新卒求人に応募して書類通過し、筆記試験や面接までたどりついたことが何度もあります。

特に病院は人手不足な職場なら、新卒とは別に即戦力を求めている場合があるので、案外採用がトントン拍子で決まってしまうこともあるのです。

また母校に求人を出している=先輩が働いている職場の可能性もあります。栄養士業界でも「この職場は○○大学出身の人が多い」といったことがたまに存在するので、母校の求人情報も案外狙い目ですよ。

kaeru
kaeru
ちなみに過去に筆記で落ちたことのある私からアドバイスすると、新卒求人に応募する時は専門分野以外の一般常識のテスト勉強も大事です…

本を1冊買って勉強するだけでも、やっておくと安心です。

栄養士・管理栄養士が転職に成功するためには情報収集が必須

今回ご紹介した情報収集方法は5つでしたね。

この記事の復習する!
  1. 転職求人検索サイトに登録する
    リクナビNEXT
    とらばーゆ
    栄養士のお仕事
  2. 派遣会社に登録をする
    リクナビ派遣
    テンプスタッフ
  3. 転職エージェントに登録する
    きらぽんJOB
    doda
  4. Googleの検索を上手に使う
    ・病院の管理栄養士求人の探し方
    ・公務員系の栄養士求人の探し方
  5. 母校の新卒向け求人情報もチェックする

転職の求人情報は知っているほど、選択肢が広がるものです。

もちろんそこから自分に必要なものを取捨選択することも大切ですが、それは情報をしっかりと集められるからこそ選べるのです。

kaeru
kaeru
カフェで、ケーキの注文をしようとした時にケーキが1種類なのと、10種類の中から選ぶのとではワクワク感が違いますよね!

それだけもっている選択肢が多いということはワクワク感もあるし、自分にも選ぶ権利があるってことです。

そのためにもきちんと情報収集をして、自分にあった職場を見つけてみてくださいね!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.