栄養士の就活/転職

栄養士やめたいなら辞めてもいいんだよ?辞めようか悩んでいる時にやるべきこと

就活悲しい

先日たまたま気づいたのですが、ブログのある記事が「栄養士 やめたい」で検索すると上位に表示されていることを知りました。

それが「栄養士やめたい病。5年間辞めたいと思いながら同じ職場で働いて得られたこと。」という記事です。

この記事はどちらかというと「なんとなくやめたいな〜」っと考えている方に向けて「考え直したら?」という気持ちで書いた記事です。

でも「本気でやめたい」と悩んで悩んで、辛い想いをしている人には解決にならない記事だったな〜っとちょっと反省もしています。

なので今回は、本気で栄養士をやめようか悩んでいる人に向けて記事を書いていきたいと思います。

この記事では「栄養士をやめる前にやるべきこと」「栄養士をやめたいけど、やめられないと悩んでいる方への解決方法」をご紹介しています。

栄養士をやめる前にやるべきこととは、転職活動を水面下ですることです。
こうすることで、気持ち的にも楽になるし、本当に辛かったらやめたって準備しているからすぐに転職できたり、すぐに働ける環境を準備しておくことができます。

栄養士をやめたいけど、やめられないと悩んでいる方への解決方法とは、やめたいのになかなかやめさせてくれない職場への対処方法すぐにでも職場に出勤したくない人向けの対処方法です。
やめたい意思を伝えているのにも関わらず、なかなかやめさえてくれなかったり、いじめにあっていて職場にできるだけ行かないで退職したい人向けの方法をご紹介します。

では早速ご紹介していきますね!

あなたの栄養士をやめたい理由ってなんですか?

まず本題に入る前にちょこっとだけ、やめたい理由について考えてみましょう。

さて「あなたが栄養士をやめたい理由」ってなんなんでしょうか?

栄養士自体、もうやりたくなくなった

もしこれなら、無理に続けなくていいと思います。

栄養士の資格は腐らないので(笑)またやりたくなったら栄養士をやればいいです。

免許がもったいないという人もいますが、人生先は長いのですし、必要な時にまた使えばいいのです。

わたしの先輩で普通のOLから病院の管理栄養士に転職した方もいますし、資格がもったいないと無理して栄養士を続ける必要なんてないです。

資格は腐らないから、こだわりすぎる必要なはい

仕事量と給料が見合っていないから

栄養士は働く場所によっても仕事量やお給料がかわってきますよね。

「こんなに早番や残業しているのに、給料がこれだけ?」という不満をもっている方も多いと思います。

委託会社で働いていた何人かの友人たちは、やはりこの理由で仕事をやめていました。

今後転職する際には業務内容や給料面をしっかり見ないといけませんね。

職場の人間関係に疲れた

職場の人間関係って難しいですよね。

過去に何人か人間関係で辞めた先輩の愚痴を聞いてきましたが、仕事内容やお給料も大事かもしれませんが、何よりも働きやすさが重要だなと話を聞いて感じました。

その職場にいれば、お給料はそれなりにもらえる職場だとしても、やっぱりやめちゃうのってそういう部分ですよね。

女性だけの職場と女性と男性のいる職場でも雰囲気は違いますし、その職場の年齢層も人間関係に影響するので、今後転職する際はここをポイントにするといいかもしれませんね。

病気になってしまったから

病気になってしまったのであれば、やめる前に休職するという手段も考えてみてください。

▽休職については、この記事が参考になります

退職する前に使える制度は使いましょう!頑張って働いていた期間があるのだから、休むことに遠慮する必要はありません。

でももし仕事が原因で、退職することで症状がよくなる病気の場合は、退職を前向きに考えていいと思います。

病気が理由なら、休職や退職、転職と選択肢を増やして主治医と相談しよう

栄養士をいきなりやめる前に、まずは水面下で転職の準備をしましょう

では本題に入っていきましょう。
あなたは先程あげたような理由で、「栄養士をやめたい」と思われていたのかもしれません。

でもいきなりやめたら、収入は減ってしますし、できたら次の手を持っておきたいですよね。

ということで、転職を悩んでいるならまずはやめる前に選択肢を増やしてみましょう!
転職準備をしている間にやめたい原因が、なくなる可能性もあります。

「苦手な先輩が急に退職した」
「労基に会社が怒られて残業が激減した」
「急な配置転換で職場が変わった」
「役職がついて給料が上がった」…などなど

このようにもし転職準備中にやめたい理由がなくなったら、転職活動をやめればいい話です。

こういうこともありえるので、あまり職場にバレないように水面下で転職活動する必要があります

転職の準備を始めると、「やめたい…」と思いながら仕事をしていた時よりも、「転職準備も始めたし、イヤになったらやめてもいいや」と思いながら仕事をするのではかなり変わってきます。

ただ闇雲に走り続けるランニングよりも、ゴールが見えるマラソンの方が楽だということ。

でももし病気でやめたい、と考えている方は先程お話したように、主治医の先生と相談しながら休職や退職も選択肢に入れてみてくださいね。

転職エージェントに登録する

まずはここから始めてみましょう。
「まだ何も決まってないし、エージェント登録はいいや…」と思われがちかもしれませんが、まず無料登録だけして求人を眺めたり、必要な部分を使ってみましょう。

例えばリクナビNEXTなら有料級の自己分析ができたり、ミイダスなら適正検査で「どんな職種に向いているか?」「どんな上司と相性がいいのか?」なんかも調べられます。

しかも無料です!

無料で有料級の自己分析適正検査ができるので、その結果を今後の職場選びや履歴書作成に活かしちゃいましょう!

あと女性専用の転職エージェントへの登録もおすすめです。
事務や受付、美容系や医療系の求人へ転職したいなら、リクルートが運営するとらばーゆなんかは登録しておいて損しない気がします。

あと介護系の転職ならカイゴジョブもおすすめ!まだ栄養士を諦めていないなら栄養士求人も取り扱っていますよ〜

派遣社員の登録をしておく

勢いでやめちゃった時のためにやっておきたいのが派遣の登録。

バイトするにも面接して、連絡がきて…と時間がかかってしまうかもしれませんが、派遣社員なら即日で働けるところを紹介してくれます。

しかも職場を変えたいときにも派遣会社に相談すれば、変えてもらえるので、すごく気持ちが楽です。

一人暮らしで収入が止まったら困る人はぜひ登録しておきましょう!

履歴書は手書きじゃなくてWordでテンプレつくるのでもあり

わたしは短大出てからの履歴書は基本手書きをしていません。

中には手書きじゃないと…という会社も一部あるようですが、今はあまり手書きだから、印刷だからが合否に関わっていない気がしています。

今は履歴書をメール送付でいいというところもあるぐらいですし。

履歴書のテンプレはネットで「履歴書 テンプレ」「履歴書 雛形」で検索するとWordのデータが無料ででてきます。

もしWordがなくてもGoogleアカウントがあればGoogleドキュメントで無料でWord的なことができます。たしかスマホアプリでも使えた気がします。

そして印刷もプリンターがなくてもPDF化させて、スマートフォンのアプリでデータを飛ばして印刷することも可能です。ファミマとローソン、セイコーマートで使えるっぽい。

このへん使いこなせると転職活動めっちゃ楽です。
志望動機書き換えるだけで、自己PRとかは使いまわせますから。

栄養士をやめたいけど、やめられないと悩んでいる方への解決方法

もしやめたいけどやめられないなら、さくっとやめられる退職代行がおすすめです。

退職代行とは自分の代わりに代行会社が退職の連絡をしてくれるサービスです。

退職代行の中でも有名な最大手が退職代行EXITです。
正社員なら5万円で即日でやめられるっていうんだから驚き!

体験談の中には朝イチで電話して、午後には退職の手続きができた!というものもあるようです。

でも「やめたくてもやめられない…」「退職を先延ばしにされる…」という話も聞いたことがあるので、サクッとやめて次に進められるならこういうものを利用するのが便利です。

自分でやらないので、ストレスもないですしね!

病気であればなおさら自分で連絡するよりもこういうサービスを利用してみてください。

まとめ:栄養士をやめるならいきなりやめずに、まずは転職準備を!

やめたいと悩んでいるなら、まずは転職準備をしましょう!

でもどうしてもすぐにでもやめたい、もう仕事にすらいきたくないなら退職代行を使うことサクッとやめられちゃうのでおすすめです!

あなたの悩みの解決になにかひとつでもつながったら嬉しいです!