病院栄養士

【直営/委託】病院管理栄養士(栄養士)の仕事ってどんな内容?わたしの体験談

こんにちは。
管理栄養士ブロガー kaeru(@eiyokaeru2)です!

今日は病院の管理栄養士のお仕事について、お話していきます。

病院の管理栄養士(栄養士)の仕事

病院栄養士と一言で言っても、その病院の給食運営方法で管理栄養(栄養士)さんの仕事内容が大きく変わります。給食運営方法には2種類あります。

  • 直営(病院が直接雇用した職員で給食運営をしている)
  • 委託(病院が委託給食会社に給食運営を業務委託している)

わたしは今まで2つの病院に管理栄養士として勤めた経験があります。

1つは直営の病院です。
もう1つは直営から部分委託に切り替わり、数年後に完全委託を目指していた病院です。

完全委託の病院とは少し違う部分もありますが、委託の部分に近い部分があるので、そこも踏まえてお話します。

ちなみに2つとも病院との直接雇用でしたので、委託側の栄養士業務ではなく、病院側の栄養士業務としてのお話になります。

給食直営の病院の管理栄養士(栄養士)の仕事

直営ということは、給食運営を行う上で必要な献立作成、発注業務、食材の納品業者の選定などの業務すべてが病院職員の仕事になりますので、管理栄養士(栄養士)がこの仕事を行っていました。

また、食事の入退院による食事オーダーの変更や、アレルギー対応、医師からの指示により特定の患者も個人献立を作成する場合もあります。

わたしの病院では、提供する食事内容のチェックを調理現場にいる調理従事者が行いますが、ダブルチェックで管理栄養士(栄養士)も食事内容のチェックをしていました。

このことからわかるように、毎日3食の食事提供のすべてに管理栄養士(栄養士)は何かしらで関わっていました。

この他に病棟の患者の栄養管理として栄養管理計画書の作成、糖尿病教室などの集団栄養指導、個別栄養指導、担当者は褥瘡回診やNST業務、その他栄養が関わる会議やチームへの参加などの仕事も行っていました。

給食直営病院の管理栄養士(栄養士)の良いところは?

わたしが思う給食直営病院の良いところ
  • 患者さんの声をすぐに食事に活かせる
  • 個人対応が必要な患者さんへの細やかな対応が可能になる
  • 普段目にしている食事なので、栄養指導に活かしやすい
  • 他職種と食事をきっかけに話ができる
  • 献立に意図をもたせられる

患者さんの声をすぐに食事に活かせる

入院中の患者さんは、食事が入院中の大きな楽しみだとおっしゃいます。その食事内容を向上させるには、実際に食べている方々の意見も大切です。いただいた意見を早急に反映できるのも直営の強みですね。

個人対応が必要な患者さんへの細やかな対応が可能になる

化学療法中で食事が進まない患者さんや、治療上や食物アレルギーなどの理由から食事内容に制限がある方でもすぐに個人対応することができます。
食事内容がわかっているからこそ、細やかな対応ができたり、食物アレルギーの場合はこういう食品を病院食で出しているが普段から食べているか?など具体的なお話がその場でできるのも直営ならではな気がします。

普段目にしている食事なので、栄養指導に活かしやすい

入院患者さんに栄養指導を行う上で、味付けや形態を理解して入院食を教材として説明することは非常に効果的です。お魚の量とか見てますか?とかごはんの量はどうですか?とか、味付けはどうですか?とか内容がわかっているからこそ話せる内容もありますよね。

他職種と食事をきっかけに話ができる

普段自分たちが出している食事だからこそ話せる内容もあります。
他職種から食事についての意見をくれることもありますし、食事の変更連絡から食事相談につながったり、こちらもこの食事よりこっちの内容のほうがいいのでは?と提案することもあります。

献立に意図をもたせられる

季節やイベントの食事も献立に組み込むのは自分たち次第なので、献立に意図をもたせることができます。

給食直営病院の管理栄養士(栄養士)の大変なところは?

わたしが思う給食直営病院の大変なところ
  • とにかく忙しい!
  • 日曜祝日関係なく、病院側の管理栄養士(栄養士)が1日1人は必ず出勤
  • 自分の仕事のスケジュール管理が難しい

では、ひとつひとつ解説していきますね。

とにかく忙しい!

とにかく給食直営病院は「忙しい」の一言につきます!!(笑)

システムにトラブルが起きれば対応するし、炊飯釜が壊れれば対応するし…(笑)

わたしの場合は病院に勤める前に、自校式給食の小学校で給食管理をしていたので、意外にすんなりと直営給食に対応することができました。

スーツ姿の女性
【学校給食】学校栄養士(学校栄養職員)の仕事ってどんな内容?わたしの体験談。こんにちは! 管理栄養士 kaeru(@eiyokaeru2)です! わたしが初めて栄養士として働いた仕事は「学校栄養士(学校栄...

でも新卒の方だと戸惑うかもしれませんね^^;

逆に委託給食で経験されていた栄養士さん方は献立、献立や発注、コンベアのチェッカー経験もあったりすると、現場ですごく重宝されます。

転職を検討されている方は、ぜひアピールされてみてはいかかでしょうか?

日曜祝日関係なく、病院側の管理栄養士(栄養士)が1日1人は必ず出勤

これは、もし違う施設があったら申し訳ありません。
でも直営ならどこもそうじゃないかと思います。

給食運営に管理栄養士(栄養士)が関わるということは、入院患者さんがいる限り、トラブル対応や食事変更などのオーダー変更の可能性があるわけです。その為、対応ができる職員が1人は必要になります。

ちなみに早番については施設によります。直営でも早番がないところもあります!

自分の仕事のスケジュール管理が難しい

これは私の段取りが悪いのも影響しているかもしれませんが…給食運営には毎日ではなくてもトラブルがつきものなので(栄養士さん方ならわかってくれるはずです…泣)、急な対応で「今日やろうと思ってたことが~!」ってことが多々あります。

あと1人職場じゃないから、助け合いっていうのもありますからね。後
輩が仕事抱えていれば助けるし。うん…これはしょうがない(笑)

給食委託病院の管理栄養士(栄養士)の仕事

わたしは完全委託の病院に勤務経験がないので、知っている範囲での説明です。
ご了承ください。

給食委託の病院は、どこまでを委託会社にお願いしているかによって病院側の管理栄養士(栄養士)業務が変わります。

私の部分委託をしていた病院では、献立や発注、検品、コンベアでのスターターとチェッカー、食事チェックなどは直営側で行っていました。それ以外の調理や盛り付け、食事変更、配膳、トレイメイク、調乳、食器洗浄などを委託していました。

給食委託病院の管理栄養士(栄養士)の良いところは?

わたしが思う給食委託病院の良いところ
  • 契約次第では献立から発注、食材購入まですべて委託することが可能
  • 調理員、栄養士等の欠員対応は委託会社が行う

契約次第では献立から発注、食材購入まですべて委託することが可能

前回お話した直営と比べると給食管理業務が減る分、病院側としては栄養管理業務や栄養指導に人員を回すことができるようになります。しかし、その分直営に比べて採用枠を減らしたり、非常勤職員を採用し、正職員を減らすという場合もあります。

調理員、栄養士等の欠員対応は委託会社が行う

委託側の調理員や栄養士に欠員が出た場合は、委託会社が対応を行うことになります。

給食委託病院の管理栄養士(栄養士)の大変なところは?

わたしが思う給食委託病院の大変なところ
  • 直接雇用の職員ではないので、契約によってできる範囲が限られる
  • 献立や発注、食材購入まで委託している場合、節約された献立になる可能性もある
  • 行事食やイベント食などは契約で回数等が制限される場合がある

直接雇用の職員ではないので、契約によってできる範囲が限られる

わたしがいた直営病院では、調理師が定期的に病棟訪問し、患者さんへ食事の感想を聞いたり、食事の説明を行っていました。その時に患者さんから作り方の質問や、レシピを希望されるという交流がありました。

しかし、委託の場合は契約にもよると思いますが、このようなことは難しいでしょう。

献立や発注、食材購入まで委託している場合、節約された献立になる可能性もある

献立から食材費まですべて込みで委託契約する場合は、委託側ができるだけ経費を減らす為に献立内容や食材を調整して、節約する場合もあるようです。

これを防ぐために給食運営を委託しているが、献立だけは病院側が管理する場合などもあるようです。

行事食やイベント食などは契約で回数等が制限される場合がある

これは学校給食の時の経験になってしまいますが、委託会社と年間の行事食やイベント食について契約時に回数などが決まっている場合があります。契約によっては急に新しい取り組みを始めることは難しいかもしれませんね。

まとめ

給食運営業務に関する話が、多い内容になってしまいましたが、少しは仕事内容がイメージできましたでしょうか?

委託は給食運営業務が減っても、栄養管理と栄養指導を充実させることになりますし、必然的に直営より管理栄養士の人数も削減される可能性が高いので、仕事量を単純には比べられないと思います。

完全給食委託の病院での経験がない為、本当の仕事の大変さについてはわかりません…
でもわたしが経験したことの範囲で確実に言えるのは、

直営の病院栄養士はとにかく忙しい!!ってことです。
(しつこいですね…笑)

日々忙しいのにも関わらず、休みの日や就業後に、勉強会やセミナーに参加して、みなさん勉強しています。ガイドライン改定や新薬が出たりと最新情報に知識を日々アップデートすることも必要なので。

でもそれだけ忙しくても頑張れるのってやっぱり、この仕事にはすごく「やりがい」があるんだと思います。

管理栄養士になったら、一度は病院を経験するのをおすすめします。
本当に視野が広がります。かっこいい管理栄養士の先輩を見つけたのも病院でした。

わたしは先輩からも他職種からも患者さんからも学べることがたくさんありました。

でも新婚さんにはあまりおすすめできないです。
仕事が忙しすぎて、うちの夫はキレました(笑)

もし病院へ就職や転職を考えている方がいましたら、自分がやる仕事が大きく変わるので、給食運営の部分もしっかりとチェックされると良いかと思います。

最後まで読んでいただき ありがとうございました!